東京など自費治療の歯医者さんはマイクロスコープ導入

最近、歯の健康に関心を持つ人が増えてきて、東京などの都会の自費治療で丁寧に治療をしてもらおうと考えている人が増えてきています。


どうしても保険の治療だときちんと丁寧に治療をするというよりかは、いかに患者さんをたくさん診察し、保険の点数を稼ぐために丁寧に治療をすることがやりづらくなっています。



しかし自費治療だと治療費は保険治療よりもかなりかかりますが、十分な治療費をだしてくれる分1人の患者さんの希望に合わせて丁寧治療をしてもらえる可能性があります。

たとえば重篤な虫歯になり神経を抜く治療をしなければならなくなったとき、丁寧に治療をしないと神経をが残って残髄炎をおこして治療をしたのに歯の痛みがとれないこともあります。


それに取り残した神経が腐って、最終的に歯の根が悪くなってしまい抜歯となることもあります。

神経の治療はそれでなくても歯医者さんがすべて見えないし、治療中唾液や細菌が侵入して十分な治療ができずこれば原因で後々トラブルの原因になることもあります。

T-SITEをご提案いたします。

そんなとき東京など都会の自費治療がメーンの歯医者さんでは、まずラバーダムをしてマイクロスコープで患部を出来る限り拡大して丁寧に神経の治療の措置をしてくれます。



マイクロスコープは高い機材なので、東京などの自費治療の歯医者さんでないと導入していないこともありますが、マイクロスコープを導入している歯医者さんは丁寧な治療を心がける歯医者さんだというサインでもあります。


よく見えれば治療時間がかかりますが、その分丁寧な治療が期待できます。