歯科で使われるマイクロスコープとは

近年になって歯科治療にマイクロスコープが使われるようになりました。

マイクロスコープは実体顕微鏡で、主に根管治療に使用され、専門的用語では顕微歯科とも呼ばれております。



虫歯がエナエル質から象牙質の深いところまで進行しますと、歯の中にある歯髄組織が炎症を起こして、激痛を引き起こしたりします。

歯髄組織の中の毛細血管が炎症で出血して、固い硬組織に囲まれているので内圧が高まり、神経を圧迫するからです。

納得のAll Aboutの情報を要約した情報サイトです。

放置しておくと化膿して腫れたりもします。
この治療では、歯に穴を開けて歯髄腔を開放して、歯髄組織を除去します。

歯髄組織が入っている根管は意外に複雑な形状をしていて、湾曲したり分岐していることも多いです。

歯髄組織を完全に除去してから密封しますが、目に見えない組織の残存や残渣が残ると、かなり時間を経過した頃に細菌感染などで晴れたりします。

こうした歯科の根管の治療にマイクロスコープが使われます。



非常に大きく拡大して複雑な根管の様子を見ながら、根管壁を機械的に清掃して、感染層を除去します。


大変手間と根気が必要な治療ですが、効果は絶大なものがあります。
患者さんには回数と時間が掛かって嫌われる事が多いですが、これが先進の歯科治療に相当します。
マイクロスコープは他の用途にも使われます。

歯や歯肉の微細な構造を観察したりも出来ます。
もし何をされているか疑問に思われたらお聞きになって下さい。


丁寧に説明してくれると思います。