歯科医院で活躍するマイクロスコープ

マイクロスコープとは医療用顕微鏡のことで、主に精密な処置が求められる脳外科や心臓外科の手術に用いられています。

ただし近年では、マイクロスコープを導入する歯科医院も増えてきました。

従来から歯科治療には拡大鏡が利用されてきましたが、それより遙かに倍率が高く、患部をはっきりと確認できるのが特徴です。
口の中は複雑な構造をしており、外から光を当てても届かない部分が少なくありません。
患部が歯の裏側などにあると、診断も治療も勘と経験に頼らざるを得ない場合がありました。



マイクロスコープを使えば細部にまで光が届くため、勘に頼らず患部を確認しながら正確な治療を行うことができます。倍率が高いことは、治療の精密さにもつながります。

歯の根幹には非常に細い神経が通っており、肉眼では見ることができないため、ある程度まで虫歯が進行すると抜歯するしかありませんでした。

そんな場合でもマイクロスコープを使えば根幹治療が可能になり、抜かないで虫歯を治せる可能性があります。

効率がいいAll Aboutの口コミ情報を参考にしよう。

そのほか小さな虫歯も見逃さず、早期治療に活用できるというメリットもあります。



マイクロスコープの映像をモニターに投影し、患者に細かく説明しながら治療を行っている歯科医院もあります。


インフォームド・コンセントを徹底させ、安心して治療を受けてもらうのに役立っています。

日本ではまだまだ普及率が高くありませんが、海外では常識になりつつあると言われ、今後の発展に期待されている技術です。